柿本研究室へようこそ

(2018年度ゼミ旅行にて)

本研究室は、環境・エネルギー・医療の各分野を出口ターゲットにして、
化学的な材料合成プロセスの開発から物理的な性能評価技術まで、
ますます重要視される「エレクトロセラミックス」を中心とする革新的な研究を進めています。

NEWS

new!   2018.12.03   伊藤雄一朗 大学院生がドイツ/エアランゲン・ニュルンベルグ大学工学部材料工学科のKyle G. Webber 教授研究室にて共同研究を開始しました。(3月迄)
new!   2018.11.20   ナノ粒子の形態制御に関する研究が「EurekAlert!」においてプレスリリースされました。
題目は「Researchers developed sustainable ‘nano-raspberry’ to neutralize poisonous carbon monoxide」です。詳細
  2018.11.08   渕上輝顕 助教が「フロンティア研究院シンポジウム―異分野融合研究と博士研究への招待―」(Nagoya, JPN)において講演を行いました。
講演題目は「実用化の課題から考えるナノ構造」です。
  2018.011.07   インド/インド工科大学のAshtosh Kumar DUBEY 助教による特別演習「Ferroelectric Bio-implants as Next Generation Matrials for Orthopedic Applications」が実施されました。Photo📷
  2017.11.07   フロンティア研究院での共同研究論文「Complex Three-Dimensional Co3O4 Nano-Raspberry: Highly Stable and Active Low-temperature CO Oxidation Catalyst」がNanomaterialsに掲載され、新形態粒子の形成過程と触媒反応過程のイメージが同誌の表紙を飾りました。詳細
    2018.09.17   永松野愛 大学院生がドイツ/エアランゲン・ニュルンベルグ大学工学部材料工学科のPeter Greil 教授研究室にて共同研究を開始しました。(12月中旬迄)
    2018.09.15   西山 拡 大学院生がドイツ/エアランゲン・ニュルンベルグ大学工学部材料工学科のKyle G. Webber 教授研究室にて一年間の共同研究を開始しました。(日本学術振興会若手研究者海外挑戦プログラム)
    2018.05.30   橋本裕斗 大学院生が「日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム」(名古屋)で優秀ポスター賞を受賞しました。
受賞題目は「多元系ナノキューブ粒子の水熱合成」です。Photo📷
    2018.05.30   前田晋朔 大学院生が「2018 ISAF-FMA-AMF-AMEC-PFM Joint Conference (IFAAP 2018)」(Hiroshima, JPN)でStudent Poster Awardを受賞しました。
受賞題目は「Defect Charge Behavior in the Vicinity of Domain Walls」です。Photo📷 詳細
    2018.03.29   渕上輝顕 助教が若手研究イノベータ奨励賞を受賞しました。
    2018.03.26   永松野愛 卒研生が日本化学会東海支部長賞を受賞しました。
    2018.03.26   西山拡 大学院生が日本化学会東海支部長賞を受賞しました。
    2018.03.21   橋本裕斗 卒研生が「第9回U3マテリアルデザインフォーラム」(彦根)で優秀発表賞を受賞しました。
受賞題目は「MnO-doped (Ba,Ca)(Ti,Zr)O3 ceramics for pyroelectric power generation」です。Photo📷
    2018.03.13   ドイツ/エアランゲン・ニュルンベルク大学のTobias FEY 准教授による特別演習「Ceramic Building Blocks by Additive Manufacturing」が実施されました。Photo1📷 Photo2📷
    2018.02.02   西山拡 大学院生が「2nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials」(Nagoya, JPN)でFRIMS Symposium Awardを受賞しました。
受賞題目は「Ferroelastic Behavior under High Compressive Stress for Lead-free Alkali Niobate Piezoceramics」です。Photo📷
    2018.01.09   長谷川椋平 大学院生がドイツ/エアランゲン・ニュルンベルグ大学工学部機械工学科のPaul Steinmann教授研究室にて共同研究を開始しました。(4月上旬迄)
    2017.12.01   産業技術総合研究所、エアランゲン・ニュルンベルグ大学との共同研究論文「鉛を含まない圧電体セル構造」がアメリカセラミックス協会誌に掲載され、新構造のエックス線CTイメージが同誌の表紙を飾りました。詳細
    2017.11.23   渕上輝顕 助教が「The 33rd International Korea-Japan Seminar on Ceramics」(Daejeon, KOR)でYoung Ceramist Best Presentation Awardを受賞しました。
受賞題目は「Thermo-Responsive Magnetic Particles Designed for Isolation and Purification of Circulating Tumor cells」です。Photo📷
    2017.11.07   柿本健一 教授が「JSPM International Conference on Powder and Powder Metallurgy ~ 60th Anniversary~」(Kyoto, JPN)において招待講演を行いました。
講演題目は「Recent Progress in Lead-free Alkali Niobate Piezoceramics」です。
    2017.11.06   渕上輝顕 助教が「The 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing HyMaP 2017」(Busan, KOR)において招待講演を行いました。
講演題目は「Surface modification of magnetic nanoparticles with thermo-responsive polymer for cancer cell capture and release」です。
    2017.10.30   Tobias FEY 客員准教授による学部講義「材料組織構造化学(Porous ceramics)」が実施完了しました。Photo📷
    2017.09.19   ドイツ/エアランゲン・ニュルンベルク大学のMartin Stumpf 大学院生が来日し、特別研究生として本研究室にて共同研究を開始しました。
    2017.09.07   ドイツ/エアランゲン・ニュルンベルク大学のNahum TRAVITZKY 教授による特別演習「Additive Manufacturing of Ceramic-based Composites」が実施されました。
    2017.08.07   渕上輝顕 助教が「第20回日本磁気科学会研究会 分離・分析分科会」(名古屋)において招待講演を行いました。
講演題目は「血中循環腫瘍細胞の磁気分離精製に向けた温度応答性/磁性複合機能粒子」です。
    2017.08.07   ドイツ/エアランゲン・ニュルンベルク大学のKatharina Frank 学部生が来日し、特別研究生として本研究室にて共同研究を開始しました。
    2017.08.02   渕上輝顕 助教が「The Tenth International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics (STAC-10)」(Yokohama, JPN)において招待講演を行いました。
講演題目は「Thermo-Responsive Polymer/Magnetic Particle Conjugates Designed for Isolation and Purification of Circulating Tumor Cells」です。
    2017.05.24   渕上輝顕 助教が「The 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM12)」(Waokoloa. Hawaii, USA)において招待講演を行いました。
講演題目は「Morphology controlled synthesis of niobium oxide nanoparticles for functional application」です。
    2017.05.23   柿本健一 教授が「The 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology (PACRIM12)」(Waokoloa. Hawaii, USA)において招待講演を行いました。
講演題目は「Technical Challenges in Lead-free Alkali Niobate piezoceramics」です。
    2017.05.11   西山拡 大学院生が「第二回材料科学フロンティア研究院シンポジウム」(名古屋)で優秀発表賞を受賞しました。
受賞題目は「ハイパワーインピーダンス測定による強誘電性ドメイン構造の評価」です。Photo📷
    2017.03.29   XIE DI 卒研生が「第8回U3マテリアルデザインフォーラム」(名古屋)で優秀発表賞を受賞しました。
受賞題目は「Pyroelectric properties for Ba(Zr0.2Ti0.8)O3-(Ba0.7Ca0.3)TiO3 ferroelectric ceramics and possibility of harvesting energy conversion」です。
    OLD NEWS   2011-2013, 2014-2016